更新日 2021.10.14

#4 レスポンシブコーディングとは

レスポンシブコーディングの基礎知識

Responsiveレスポンシブとは「応答性のある」という意味です。ユーザーがホームページを見る環境(デバイス)はそれぞれ違います。 その都度htmlやcssを作り直して、対応させるのは大変なので、cssで操作するコーディングのことを指します。
cssではウィンドウの幅によってプロパティを変える機能があります。 ウィンドウ幅が小さい場合や小さくなったタイミングで、 別のプロパティや値を適応させることで、 配置の順番やサイズや色または要素を非表示にするなど、様々に要素を変化させることができます。

#5 cssメディアクエリについて

cssメディアクエリの設定

要素のプロパティを、横幅サイズによって変えることができます。
対象となるcssのセレクタをインデントをつけ @media screen and (画面幅の条件) {  } で囲います。
レスポンシブコーディングは、このようにまず分岐点ブレイクポイントを設定してデザインをしていきます。
条件は(max-width: 1024px)や(min-width: 768px)と言った具合に、指定された**-width範囲内では{ }の中のセレクタの内容が反映されます。

#contents { /* ノーマル(モバイルでの表示) */
  width:95%;
  font-size:14px;
}
/* 画面サイズが1024px以上になったら適応されます */
@media screen and (min-width:1024px){
  #contents {
    display: flex;
    width:1200px;
    font-size:18px;
  }
}
/* 画面サイズが768px以下になったら適応されます */
@media screen and (max-width:768px){
  #contents {
    width:100%;
  }
}
/* 画面サイズが768px〜1024pxまでのあいだに適応されます */
@media screen and (min-width:768px) and (max-width:1024px){
  #contents {
    display: flex;
  }
}

メディアクエリの設定には「デスクトップ(PC)ファースト」と「モバイルファースト」の二種類があります。 googleの検索エンジンは2018年4月より「モバイルファーストインデックス(MFI)」という、モバイルでの表示内容を 検索順位に反映させるという機能を実装しました。これをうけて、基本的にはモバイルに合わせたデザイン設計が求められます。 スマホで見たときに、PCと同じレイアウトの縮小版で表示するようなことは避けるようにしましょう。

#6 作ったhtmlをレスポンシブ化してみよう

レスポンシブ化の準備

以前作った入門3 #1 実践を踏まえたコーディングで作ったデータのフォルダをコピーし 名前を[フォルダ名_resp]に変更してください。(“フォルダ名”の名称は開発環境ごとに変えてください)
厳密に言えば実機テストが必要ですが今回はブラウザのレスポンシブデザインモードで確認します。

レスポンシブデザインモードについて

擬似的に画面の横幅を縮めて、スマートフォンやタブレットで画面がどのように見えるかを確認できる機能です。
レスポンシブコーディングをする時には必須の機能なので、使い方に慣れておきましょう。

chromeの場合は⌘+option+i。firefoxの場合は⌘+iでこの「デベロッパーツール」を表示できます。
このレスポンシブデザインモードを使えば、大体のレイアウトは確認できますが、実際にスマートフォンで確認(実機確認)をすると実は崩れていた、、、ということがありますので、実際の案件やプロジェクトでは必ず実機確認をするようにしましょう。

レスポンシブに対応するhtmlのmetaタグ

まずはhtmlのheadタグ内に、metaタグにてviewportビューポート指定を入れます。
スマホで見た際にPC用の文字のサイズ(小さい)になることを防ぎ、デバイスサイズに合わせた文字サイズになります。

<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
属性タグcontentに入れる内容
width=device-width表示幅をデバイスの幅に合わせる
initial-scale=1.0初期の表示を1倍に
minimum-scale=1.0縮小したときに、1倍以上に縮小できない

メディアクエリの書き方

cssで適度なセクションごとにメディアクエリを適応させていきます。
今回はわかりやすくするために、1セレクタ毎にメディアクエリを作っていきます。
SP用とPC用の両方で、同じプロパティの同じ値がある場合はメディアクエリ側を削除します。

[フォルダ名_resp]内のcss/style.cssを開いて編集していきます。

(例) header__wrapをレスポンシブ化する場合

.header__wrap {
  display: flex;
  justify-content: space-between;
  align-items: center;
  width: 86%;
  margin: 0 auto;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  
}
メディアクエリの場所を作ります。
もとのコーディングデータをメディアクエリ内に丸々コピーして編集していきます。

@media screen and (max-width: 768px) {
  .header__wrap {
    width: 85%;                      /* SPの時は横幅100%にしたいのでwidth:100%;に書き換え */
    margin: 0 auto;                  /* PC用と同じで良いので削除 */
    display: flex;                   /* PC用と同じで良いので削除 */
    justify-content: space-between;  /* PC用と同じで良いので削除 */
    align-items: center;             /* PC用と同じで良いので削除 */
    flex-direction: column;          /* SPの時だけに適用したいので新しく記述 */
  }
}
コメントのとおりに、PCと変えない部分は不要なので、プロパティを削除していきます。
0px〜768pxまでの画面幅のとき、リストをロゴの下に置きたいのでプロパティを追加します。

/* PC用コーディング */
.header__wrap {
  display: flex;
  justify-content: space-between;
  align-items: center;
  width: 86%;
  margin: 0 auto;
}

/* SP用コーディング */
@media screen and (max-width:768px) {
  .header__wrap {
    width: 100%;
    flex-direction: column;
  }
}
完成形としてはこのようになります。

メディアクエリを適応させたCSS

今回は下記のCSSをそのまま書き写しつつ、画面でどのような表示になるのかをつど確認しながら勧めていきましょう。 メディアクエリの挙動を理解できるようにしましょう(所要時間:2〜4時間)

@charset "UTF-8";
/******************************
 初期設定
******************************/
body {
  color: #060606;
  font-size: 16px;
  font-family: sans-serif;
  letter-spacing: 0.06em;
}
a{
  text-decoration: none;
  color: #060606;
}

/******************************
 header CSS
******************************/
.header {
  width: 100%;
  padding: 10px;
  box-shadow: 0 5px 15px rgba(0,0,0,.15);
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .header {
    padding: 10px 0;
  }
}

.header__wrap {
  width: 85%;
  margin:0 auto;
  display: flex;
  justify-content: space-between;
  align-items: center;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .header__wrap {
    flex-direction: column;
    width: 100%;
  }
}

.header__logo {
  width: 54px;
  height: 76px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .header__logo {
    width: 40px;
    margin-bottom: 20px;
  }
}
.header__logo a {
  display: block;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .header__logo a img {
    width: 100%;
  }
}

.header__menu{
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .header__menu{
    width: 100%;
  }
}

.header__menu ul {
  display: flex;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .header__menu ul {
    width: 100%;
  }
}

.header__menu ul li {
  width: 80px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .header__menu ul li{
    width: calc(100% / 4);
  }
}

.header__menu ul li a{
  display: block;
  width: 100%;
  text-align: center;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .header__menu ul li a{
    font-size: 13px;
  }
}

/**********************************
 main
**********************************/
.main{
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main {
    padding-top: 110px;
  }
}

.main__kv {
  height: 70vh;
  display: flex;
  align-items: center;
  background: url(../images/top_kv.jpg) center/cover no-repeat;
  font:normal 24px/1.8 sans-serif;
  padding-left: 10%;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__kv{
    height: 50vh;
    font-size: 18px;
  }
}

.main__about {
  width: 85%;
  margin: 50px auto 200px;
  padding: 0 10px 80px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
 .main_about {
   margin: 40px 0 120px;
 }
}

.main__about--ttl {
  margin-bottom:60px;
  text-align: center;
  color: #060606;
  font-size: 28px;
  letter-spacing: 4px;
  margin-bottom: 60px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__about--ttl {
    margin-bottom: 30px;
    font-size: 20px;
  }
}

.main__about--logo {
  width: 40%;
  margin:0 auto;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__about--logo {
    width: 30%;
  }
}

.main__about--txt {
  margin: 45px 0 60px;
  text-align: center;
  padding:0 20px;
  font:normal 16px/2 sans-serif;
  letter-spacing: 4px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__about--txt {
    width: 80%;
    margin: 30px auto 40px;
    font-size: 13px;
  }
}

.main__service {
  width: 85%;
  margin:10px auto;
  padding:20px 20px 100px;
  background-color:#fffbe8;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__service {
    padding-bottom: 60px;
  }
}

.main__service--message {
  margin-bottom: 95px;
}

.main__service--message h2 {
  font-size: 50px;
  font-weight: bold;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__service--message h2 {
    font-size: 30px;
    text-align: center;
  }
}

.main__service--message p {
  width: 67%;
  margin: 40px 0 0 auto;
  font-size: 16px;
  line-height: 2.2;
  letter-spacing: 2px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__service--message p {
    font-size: 14px;
    margin-top: 30px;
  }
}

.main__service--list {
  display: flex;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__service--list {
    flex-direction: column;
  }
}

.main__service--list li {
  flex:1;
  margin-right: 2%;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__service--list li {
    width: 100%;
    margin-bottom:30px;
  }
}

.main__service--list li a {
  display: block;
  height: 100%;
}
.main__service--list li img {
  width: 100%;
  display: block;
}
.main__service--list h3 {
  margin: 50px 0 30px 0;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__service--list h3 {
    margin: 10px 0;
    font-size: 16px;
  }
}

.main__service--list li p{
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__service--list li p{
   font-size: 13px;
  }
}

.main__news {
  width: 85%;
  margin:10px auto;
  padding: 0 20px 0;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__news {
    padding: 50px 0 0;
  }
}

.main__news--ttl {
  margin-bottom: 16px;
  padding-top:120px;
  font-size: 48px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__news--ttl {
    font-size: 30px;
    text-align: center;
  }
}

.main__news--list {
  padding: 40px 12px;
  border-top: 1px solid #a7b7bf;
}
.main__news--list li {
  border-bottom: 1px solid #e8ecee;
}
.main__news--list li:first-child{
  border-top: 1px solid #e8ecee;
}
.main__news--list li a {
  display: block;
  padding: 50px 20px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__news--list li a {
    display: block;
    padding: 24px 12px;
  }
}
.main__news--list li a:hover{
  background: #e8ecee;
}

.main__news--item{
  display: flex;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__news--item {
    flex-direction: column;
    line-height: 1.6;
  }
}

.main__news--day {
  width: 264px;
  display: flex;
  align-items: center;
  margin-right: 32px;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__news--day {
    width: 100%;
    margin-bottom: 8px;
  }
}

.main__news--date {
  line-height: 1.8;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .main__news--date {
    margin-right: 0;
  }
}


/**********************************
 footer
**********************************/
.footer{
  padding: 90px 0 71px;
  border-top: 1px solid #e8ecee;
}
@media screen and (max-width: 768px) {
  .footer {
    padding-top: 50px;
  }
}

.footer__logo {
  width: 100px;
  margin: 0 auto;
}

.footer__copyright {
  color: #b5b5b5;
  font-size: 11px;
  margin-top: 31px;
  text-align: center;
}
Webでの表示はこのようになります

▼ 擬似クラス nth-childについて
入門2 #6で擬似クラスセレクタで軽く紹介しましたが、ここでもう少し詳しく説明します。
このnth系の指示を使うと、指定したセレクタに当てはまる要素で、n番目の要素にだけ指示を出す事ができます。
例えば以下のようなHTMLとCSSがあったとします。

<div class="box_A">
  <ul>
    <li>リスト1</li>
    <li>リスト2</li>
    <li>リスト3</li>
    <li>リスト4</li>
    <li>リスト5</li>
  </ul>
</div>

.box_A ul li:nth-child(3){
  background-color: #000;
}
上の例では、CSSで.box_Aの中のulの中のli要素という条件を指定し、その中で3番目の要素にだけ、指示をだすという意味です。

★★★nth系の種類

:first-childファースト チャイルド指定したセレクタの最初の要素だけに指示を出す
:last-childラスト チャイルド指定したセレクタの最後の要素だけに指示を出す
:nth-child(n)エヌス チャイルド指定したセレクタの最初から数えてn番目の要素に指示を出す
:nth-last-child(n)エヌス ラスト チャイルド指定したセレクタの最後から数えてn番目の要素に指示を出す
:not()ノット指定した要素以外に指示を出す

★★★n番目の書き方の例

(2)2番目の要素だけに指示を出す
(3n)3の倍数の要素に指示を出す
(n+5)5番目以降の要素に指示を出す
(-n+5)5番目までの要素に指示を出す
oddオッド奇数番目の要素に指示を出す
evenイーブン偶数番目の要素に指示を出す

nを使った時の計算

nth-childを使ったときに、なぜこの要素に指示が適用されるのかよく分からないと言った質問を多く受けます。
実は非常に簡単で、nに0,1,2と1つずつ数字を代入していくと分かります。

例:nth-child(n+5) → 5番目以降の要素に適用される
  1. n=0のとき:0+5 = 5で、5番目の要素に適用される
  2. n=1のとき:1+5 = 6で、6番目の要素に適用される
  3. n=2のとき:2+5 = 7で、7番目の要素に適用される
  4. n=3のとき:3+5 = 8で、8番目の要素に適用される
  5. n=4のとき:4+5 = 9で、9番目の要素に適用される
例:nth-child(-n+5) → 1~5番目までの要素に適用される
  1. n=0のとき:-0+5 = 5で、5番目の要素に適用される
  2. n=1のとき:-1+5 = 4で、4番目の要素に適用される
  3. n=2のとき:-2+5 = 3で、3番目の要素に適用される
  4. n=3のとき:-3+5 = 2で、2番目の要素に適用される
  5. n=4のとき:-4+5 = 1で、1番目の要素に適用される
例:nth-child(5n) → 5の倍数の要素に適用される
  1. n=0のとき:5x0 = 0で、0番目の要素に適用される(0番目は存在しないから無視される)
  2. n=1のとき:5x1 = 5で、5番目の要素に適用される
  3. n=2のとき:5x2 = 10で、10番目の要素に適用される
  4. n=3のとき:5x3 = 15で、15番目の要素に適用される
  5. n=4のとき:5x4 = 20で、20番目の要素に適用される
▼ 擬似要素 ::before/::afterについて
::before/::afterを使うと、指定した要素の前後に新しく要素を作ることができます。
擬似要素は全てCSSで記述するため、HTMLファイルに直接書かない = 実体がないので擬似要素と呼ばれています。
擬似要素は装飾で使われることが非常に多いです。

::before/::afterを使う時の注意点

  1. contentプロパティをつける(最重要、これがないと表示されません)
  2. 最初はインライン要素として扱われる(幅と高さを指定するときはブロックレベルにする)

::before/::afterでよくある装飾

アイコンをつける


男性です(::before要素)
女性です(::after要素)

.men,
.woman{
  display: flex;
  align-items: center;
}

.men::before{

  /* 擬似要素を使う時は必ず必要(決まり文句) */
  content: '';

  /* 横幅指定 */
  width: 20px;

  /* 高さ指定 */
  height: 20px;

  /* 背景画像としてアイコンを指定 */
  background-image: url(images/men.svg);
}

.woman::after{
  display: inline-block;
  content: '';
  width: 20px;
  height: 20px;
  background: url(images/woman.png) center/cover no-repeat;
}
男性です(::before要素)
女性です(::after要素)

矢印をつける


  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4

.list > li{
  position: relative;
  border-bottom: 1px solid #222;
}
.list > li:first-child{
  border-top: 1px solid #222;
}
.list > li::before{
  /** ブロックレベル要素に変更 **/
  display: block;

  /** 決まり文句 **/
  content: '';

  /** 自由位置指定 **/
  position: absolute;

  /** 上から配置する位置 **/
  top: calc(50% - 2px);

  /** 右から配置する位置 **/
  right: 10px;

  /** 矢印の大きさ **/
  width: 4px;

  /** 矢印の大きさ **/
  height: 4px;

  /** 矢印の線の太さ **/
  border-top: 2px solid #7a0;

  /** 矢印の線の太さ **/
  border-right: 2px solid #7a0;

  /** 要素を回転 **/
  transform: rotate(45deg);
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
コピーしました
RSS https://cbc-study.com/rss.xml 
質問などあればSlackで! 誰でも無料でできます
cbc-study.slack.com